古民家への思い|古民家再生・新築・リフォームと伝統ある住まいを追及する三重県四日市市のハニー建築事務所。


古民家への思い

先人が築いてきた住文化・木のぬくもりが詰まった「古民家」

「古民家再生」とは?

古民家は現代の住宅とは違った様式で建てられた、当時の住民の暮らしや文化などを感じられる住まいです。
元々、古民家は移築することを目的に建てられているため、仕口継手が取り外しやすいように、また次に組み立てがしやすいように工夫されています。
そのような当時の技術を活かし、当社では木をむやみに切らず、木に釘をさすときにも今後も木が使えるように工夫して作業をさせていただいております。
建てられた当時の雰囲気を残しつつ、現代の様式も取り入れながら、伝統工法と現代の工法を組み合わせて三重の街並みに馴染むような古民家再生を行っていきます。

当社では昔ながらの工法も取り入れながら古民家再生を行っていきますので、古民家の良さをそのままに、よりよい住まいに変えていきます。
古民家再生をご検討されている方は、ぜひ三重のハニー建築事務所にご相談ください。

当社では、古民家再生だけでなく一般住宅のリフォームなども行っております。
「リフォーム会社はたくさんあって迷ってしまう」と悩んでいらっしゃるお客様もいらっしゃるかと思います。
そのような方も、ぜひ一度、当社へリフォームのことをご相談ください。
当社は三重を始め、愛知や岐阜にお住まいの方にも対応しております。
三重を中心とした東海3県を主な対応エリアとさせていただいておりますが、その他近郊のお住まいの方の古民家再生・リフォームのご相談も受け付けております。
古民家再生、一般住宅のリフォームのことなら三重のハニー建築事務所にお任せください。


古民家の魅力。再生のメリット。

芸術とも言える大工の伝統技

  • 古民家は、現代のように金属部品を使って建てられたものではなく、ほぼ木材同士を接合して建てられたものです。
    木材の接合だと金属部品のような耐久性はなく、地震や台風などの自然災害に耐えられるような工夫が求められます。そして古民家は高い技術により、これらの災害に耐えられる耐久性を誇っているのです。
    自然災害にも耐え、今もなお生き続ける古民家は、当時の職人達の高い技術と木や家のことを知り尽くした十分な知識によって建てられています。

生き続ける堅木

  • 古民家のその他の魅力は、長く使い続けることのできる堅木が使われていることです。
    日本には、800年以上の歴史ある木造の建物が1000棟以上も生き続けているといわれています。
    頑丈な堅木により支えられているので、古民家再生を行う際には、劣化している土台の一部などを取り替えるだけで建物の維持ができるのです。
    さらに、古民家に使われる木材は良質ですから、その木材を使って古民家再生をすることでエコ活動にも貢献していることになります。

民家再生は現代における究極のエコロジー運動

  • 一戸の家をリサイクルすることは、400~500本の大小樹木が伐採を免れることを意味しています。柱や梁などを再利用することは環境への負担を削減することにも繋がります。 また、再利用が出来ない廃材も自然素材であれば燃焼しても二酸化炭素を出すことがなく環境に優しいのです。

PAGE TOP